2018年10月21日

販売に燃える

今日もいい天気でしたね

今日はいつも施設をお借りしている七重浜れいんぼーさんのお祭りでお手伝いの係りでした

で、係とは「おにぎり」「海苔巻き」「焼きそば」の販売

どうしてそうなったのか分かりませんが、仕入れ数を間違えたらしく
ダンボールの山・・・

絶対売れ残る量

誰が間違ったやら分かりませんんが、俄然販売の血が騒ぎ
売りました
売りましたよぉ〜

どうしてこんなに血が騒ぐのか・・・
思い出しました

学生の頃のスーパーでの販売のバイトを
あれは年末で頼まれたバイト

おせち料理のコーナーでした

「じゃ、ここお願いね。大丈夫みんな買うものだから」と店長に言われ
(ふぅ〜ん、じゃ見てればいいのかしらん)と呑気に構えていると
何やら豪華な木の箱に入った商品が棚の端っこに
「店長、これなんっすか?」
「あ、それはね桐の箱に入った伊達巻。いいの、それは高級品で売れないから、気にしないで、他の物売ってね」
「はぁ〜い、了解です」

こんなやり取りの後に、やってまったんです

その桐の箱の伊達巻
売ってまったんです

ただでさえ年末で他の商品も売れに売れてたのですが、いかんせんそんな物を売ってまったので
「大入袋」出た、いえ出しちゃったんですね

店長のにっこにこした笑顔を「大入り袋」と書いた袋を私の所へ持ってきたあの光景はいまでも覚えています

なので、販売となると無意識に血が騒ぐのです

ひょっとしたらそっちの道へ進めばよかったかもしれませんが

なので本日も売りました
出来る範囲で

だって発注自体が多すぎだもので
そこそこ、それでも予想以上に売りました

ああ・・・朝からずっとで疲れましたぁ

でも販売はたのし
posted by フィットネス&アロマセラピー風香 at 18:11| 気まま日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする